FX 比較で気にしておきたい強制ロスカットのこと

FX 比較をするなら強制ロスカットのことは気にしておきたいものです。強制ロスカットとは、損失がある程度大きくなった段階でFX会社によって自動的に決済されてしまう仕組みです。決済された時点で損失が出るのは正直痛手です。最も損失額が大きい時点で決済されてしまうのですから、金額は相当なものです。しかしながら、そのまま続けてさらに悪化するのを防ぐためには大切な機能です。FX会社にとっては、投資家が損失を支払いきれず自社にまで損害を被ることを防止する意味合いもあります。

強制ロスカットとなる基準は証拠金維持率をベースに決められており、FX会社によって様々です。損失をできる限り防ぎたいと考えるなら、FX 比較にあたっては各社の強制ロスカット基準を確認しておくと良いでしょう。

ただし、初心者などでレバレッジを低く設定する場合は注意が必要です。FXでは、証拠金にレバレッジをかけた金額で取引を行います。レバレッジをかけなければもともとの証拠金維持率が低く抑えられるため、少しマイナスになっただけでも基準を下回って強制ロスカットの対象となってしまう可能性があります。この点では、多少はレバレッジをかけておく方が安心と言えるでしょう。