がん保険のメリットとは?

がん保険のメリットとは?

がん保険のメリットとは? がんは、今や日本人の2人に1人はかかるといわれている病気です。もしもあなたやあなたの家族ががんになってしまった時の備えは万全でしょうか。そんなもしもの時に心強い味方になってくれるのが、がん保険です。

では、がん保険には、どんなメリットがあるのでしょうか。まず一番のメリットは、がんと診断された時点で受け取れる「診断一時金」が付いていることです。逆にこの一時金がついていないがん保険は、あまりお勧めできません。診断一時金は、1回あたり100万円〜200万円程度に設定されていることが多いようです。この一時金は、入院・手術の有無に関わらず受け取れる給付金のため、使い方は自由です。ということは、長めに入院するのか、早く退院して通院で治療するのか、治療法もお医者様と相談して自由に選びやすくなるかもしれません。

また、がん保険の特徴として、入院給付金が日数無制限で付いていることもポイントです。通常医療保険だと入院給付金が支払われる日数が限られていますが、がん保険は日数無制限であることが多いです。がんは再発が恐い病気です。万が一再発してしまった場合の再入院も、日数制限がないため、安心して治療に専念できます。

最近販売されている保険だと、先進医療の特約が付いているものも多いですが、この特約はつけておいた方がいいでしょう。最先端のがん治療の中には、健康保険が適用されず、全額自己負担になるものもあります。先進医療特約は保険会社によって異なりますが、厚生労働省が定める先進医療にかかる治療費を1000〜2000万円程度補償するというものです。いざという時に、治療の選択肢を増やしておくことをお勧めします。

最新記事